スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事へコメントいただけるとうれしいです♪              

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

narcyssu ナルキッソス 感想

こんばんわ。
後輩です。

今日の献立はー。

1.先輩の今日の書置き
2.ナルキッソス1、2感想
3.コメントレス

の、三本です。


書置きについては昨日メールで貰ってるのを
そのままPCに転送してコピペします。

感想についてですが、ネタバレは反転しております。
何分フリーソフトなので細心の注意を払います
(さいしんって漢字これでしたっけ)



本当に良いゲームでした。
フリーソフトなので絶対やっておくべき。

シナリオライターさんはあのねこねこソフトメインライターですから。

今回は本当に熱が入ったので、苦手な長文です。
未熟故み見苦しい点もあると思いますが、是非クリアした方には読んで欲しいです。
記事へコメントいただけるとうれしいです♪              




かきおき。

間違えた!
今日コミケ二日目!? え!?

てっきり今日が三日目にあたる計算で東京に来た・・・。
友達も「え? どうして一日早く?」 みたいな反応。

という事で明日が三日目。
今日何しよう・・・・・      AM 8:30 神奈水樹(先輩)




ナルキッソス -SIDE 1st- 感想


簡単に言ってしまえば、不治の病の少女の話です。
ただ、これは既存のものとは全くの別方向からのアプローチといいますか。

よくあるのは、泣きゲーですよね。
正直言って私は病気関連の泣きゲーはあまり好きではありません。

なんというか、別に悲しくて泣くなんて当然であり、
泣かせようとして病気というテーマを扱うのは病気の方に失礼だと思うからです。

しかし、このゲームは作者の方も言っている通り、泣きゲーじゃないんです。
本人の受け売りとなりますが、泣くという事はプレイヤーは観客、もしくは傍観者
という立場になりますよね。

そう考えると、本当に良いストーリーというのは物語に入り込むため、泣かないの
ではないだろうか?
 と僕はこの作品をして思いました。

このゲームは病気がテーマですが、病気がメインではありません。
そういう意味でも、このゲームは本当に新しく、素晴らしいと思います。

さて、次からシステム面などに触れたいと思います。

<システム面>
sisutemu.jpg

画面はこの様に、ワイドな背景の下に文章といった形。
立ち絵は存在しません。ほとんど背景です。

作者の考えで、ゲームに絵は必要なのか? ボイスは必要なのか?
下手したら文章は必要なのか?
という新しい試みだそうです。

結果的に背景のみで、ボイスは有無が選べるという形になっています。

しかし、これがまた良い。
立ち絵なんか無くても人物は想像できるし、
逆に立ち絵は必要なのだろうか? とすら考えました。

それくらい全く違和感が無い。
商業としては許されない行為ですが、同人だからこそ出来た作品ですね。

選択肢も一切ありません。

<サウンド面>
ねこねこソフトの方からelements gardenまで。
文句が出るはずがない。 素晴らしいです。

声優さんも、プロの方ばかり。
声の有無を選択できますが、思わずにしてしまいました・・・。

<シナリオ面>

優しく、暗いながらも非常に暖かい書き方で、感動しました。

セツミ(ヒロイン)のたまに見せる笑みや照れが可愛すぎる。
キャラクター性も本当に素晴らしい。

(以下エンディング考察のため反転)
<エンディング考察>

本当に勉強になりました。
それは、"必ずしも生きる事が最高のエンディングではない"という事です。
セツミは最後海で自殺しますが、その最期は幸福であり、暖かいです。

死ぬ事に対しありえない程あっけない最後ですが、終わった後、頭の中で
流れる彼女の姿がとても考えさせられます。

言うなれば、余韻が素晴らしいゲームと言いましょうか。
こういう終わった後の余韻が私は本当に好きです。
むしろ心行くまで余韻を楽しんだ時こそが本当のエンディングかと。

感想ページで鬱ゲーと言った人がいますが、その人に私は抗議したい。
鬱ゲと思ったあなたは登場人物を何も見ておらず、ただ上っ面だけクリアした
に過ぎないと。

誰が哀しい最期を迎えたのでしょうか。
誰一人、不幸にはなっていません。
確かに不治の病の登場人物は、全体的には不幸という部類なのかもしれない。

しかし、この物語においてその定規は場違いであり、勘違いです。

(ここまで)

2ndは、1stの6年前の話であり、セツミの1stでの人間性を決定付けた物語といいますか。

過去の話ではあるので、2→1と行く人もいるかと思います。
しかし私は是非1→2→1と進んで欲しい!

まず1をやり、2で過去を知り、1で2の繋がりを再確認する。

これが最良かな~と思います。




コメントレス。

>>隣さま。
 >ナルキいいですよね!
 ですよね!

 >またあの世界観に浸りたくなったので再プレイでもしてきますw
 本当に素晴らしい世界かと・・・。
 少し時間を空けてまたやりたいです。

 >3は買ったんですが積んでますね(;´Д`)
 んん・・・私も、物語は2で完結してるので3をやる気は・・・・

>>カーフさま。
 >そして三日目にも参加しようという人です(^_^;;;
 ^^

 >やはりこみけというものは一度は行っておくべきでしょうね。
 一昨年はサークルとして行かせて頂きましたね。
 皆さんの眼光に怯えつつ・・・。

 >二度から後は人によりけりですが(^_^;;;
 私も目的が無いと行く気が起きませんでした・・・。

 >そう――なのか、覚えておかねばφ(..)
 原稿用紙的に言うとですがね。
 奈須きのこさんの「・・・」は有名ですね(笑)
 批判ではよくこの事が上がるほど・・・。


今回は、がんばってこれからナルキをやる人へ、極力分かりやすく、
初めの一歩とでもなるようにがんばってみました。

自分なりに力作というか・・・どうでしょうか?

あと一応不安になったので注意!
昨日の三点リーダは云々・・・というのは、中学生の方が片岡先生に言った言葉です!
ナルキでは毎回点が「・・・」と三点リーダ一個なんですね。
(このブログでは三点リーダが使えないため、敢えて普通の点で代用しています)

それで、「誰に向かって・・・」や、"本人が知らないはずがない"本人は全て片岡先生です。
もし私が偉そうにしている様に感じた方がおられると不安になったのでこの場で。
[ 2009/08/15 20:00 ] Ka_Mizuki | TB(0) | 記事へコメント(6)
white.gif
【向日葵の教会と長い夏休み】応援中!
                                                                               

ナルキッソスは昔やったきりですねー。
また、やってみようかな。
[ 2009/08/15 22:24 ] [ 編集 ]

>泣かせようとして病気というテーマを扱うのは病気の方に失礼だと思うからです。

私もヒロインが病気設定の泣きゲーが嫌で避けていたのですが、
確かにそうですよね。
感動させられればどんなネタでもいい、というのはおかしいと思ってます。

でも、この作品にはちょっと興味が湧いてきました。
病気と言うかなりシリアスな要素があるのに泣きゲーじゃない、という部分が特に。
フリーなら、来週暇だしやってみようかな…?
[ 2009/08/15 22:41 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます
こちらもブログ見させてもらってます
これからよろしくお願いしますね
[ 2009/08/15 22:45 ] [ 編集 ]

エロゲのブログかよwww
足跡ブログきて損した、わ!!

エロゲオタはアニメ批判ばっか
するか、ら嫌いだわ。
[ 2009/08/15 23:28 ] [ 編集 ]

読んでいてプレイしてみたくなったのでDLしてみました★★
さっそくやってみますね(^^)
[ 2009/08/16 00:16 ] [ 編集 ]

ナルキはいいゲームですよね^^
これでフリーとか信じられません・・・
兎も漫画、小説、ゲームと愛読させていただいてますがどれもいいです♪

個人的には3rdもかなりよかったですよ^^
人によって評価分かれそうなゲームですけど
あとはサイドストーリーもかなり好きです!

>泣かせようとして病気というテーマを扱うのは病気の方に失礼だと思うからです。
そうですね、兎もそれは思います
個人的にはこのゲームは病気に対象というよりは残される側に焦点を置いた話だと勝手に思っているわけですけど
多分これは3rdの影響もあると思うので聞き流していただければ^^
[ 2009/08/17 21:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://popyurala.blog116.fc2.com/tb.php/496-5daadd14












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。