スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事へコメントいただけるとうれしいです♪              

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久遠の絆-THE ORIGIN- 感想

『久遠の絆-THE ORIGIN-』

タイトル:久遠の絆 -THE ORIGIN-
メーカー:ザウス / FOG
発売日:2011年7月01日
ジャンル:シネマティックノベル


先ほどトゥルーエンドまで終わった……の、かな?
もしかすると実はさらなるEDがあるのかもですが、おそらく無いと思うので感想をば。

シナリオ ★★★☆☆(多少気になる。まぁ、まぁ)
原画・CG ★★★★★(うまくやってくれてると思います。文句無し)
背景・演出 ★★☆☆☆(同人FPS並の3D背景。舐めんな。普通に描けばいいのに)
音楽 ★★★★★(元から満点。追加曲も良い仕事をしてくれてます)

名作だと思います。きっちりと作ってありますし、今考えてみればよく言われる「一番重要なシナリオが消えた!」というのも、むしろエロ追加しただけ既に読んだ作品に私は一万円も払う気なんかないので、良かったと思います。

格時代においても、質の差はありますが満足です
平安編は史実にひっぱられ過ぎなのと、みんな馬鹿すぎ。最後はよかった。
元禄編も発売前は「ひっ秘密結社……?」となりましたが、無印版より私は好きです。あとアレも(これは後ほど)
昭和編はすごく短いですが、最後の終わり方が個人的に満点。いや、良いです。
神代編についても物語の真相が分かり、真髄が分かり面白かったです。
現代編は無印とほぼ変わらず。どうせならここも変えてほしかった……。

追記よりネタバレを含む感想を。

記事へコメントいただけるとうれしいです♪              




Amazonでいろいろ酷評されている方々のような、シナリオ大幅変更に対するイライラはまったく無いです。
一度クリアしたシナリオに一万円を払うほどお金がある訳でもなく。むしろ今回のリメイクによるシナリオ大幅変更(現代はそのままなのが少し残念)で、新しい久遠の絆を見ることができたと思います。

性格の変更やキャラの変更については、そこまで気にならなかったです。「無印版に対する愛が無いんだ!」 と言われればそれまでですが、私は無印とは関係なく新しい気持ちでプレイできました。

ただ少し不満なのが、物語は愛で繋がっていっているのに、最後が愛のエンドでなかったこと。
攻略対象でないヒロインと、ちょっと邪魔な親友みんなで協力してイザナギを倒した所まではよかったんです。冥界までついてくるか。ラストシーンにまでついてくるか。あとなんでさりげなく悠里君とギャルまで紛れ込んでんだ。

最後はこう……万葉が自分の今まで生きてきた目的たる疑問の答えを確かめ合い、そして二人っきり(+薙)でー。
でよかったとおもうですが。やっぱりそれがテーマの変更って言葉にかかってくるのですかね。完全に人間の神からの自立をテーマのおいちゃったからか。むーん。そこは普通に恋愛できゅんきゅんしたかったかもしれないです。

あと、主人公=武日照って部分も万葉あっさり流しすぎじゃないですか。もっとこう……。
玉葉の、武日照に対する、重仁に対する裏切られたという気持ち、それでも確かに感じる愛。
それがずっと物語の中心だったのだから、そこもっとしっかり取り上げてほしかったです。
「聖徳太子と○○○(忘れた)がスキップしてるよ♪」なんて書いてる暇があったらそっちを書いてほしかったです。


戦闘が割りと多い点、その癖戦闘演出が本当に下手くそな点を除けば、エンディング前まで私の中では十分満足のできる名作でした。無印版で私は、各時代での主人公とヒロインの結ばれる根本に前世の記憶が絡んでくる事に少し違和感を感じていました。けれども今作の新元禄において主人公が瑠璃を好きになった理由にそれはほぼありません。この違いは大きいと思います。魂は同じでもやっぱり自分で好きになって欲しいですしね。

それに、今回の元禄。影久くん中々に男じゃないですか。がんばれ影久くん。
母親が敵の仲間になった時、ばばあのエロシーン来るんじゃないかとヒヤヒヤしたのは私だけじゃないはず。


そして。そしてもう一つ。これが元禄で一番うれしく、一番不満なのですが。
なんで四○○断された少女、もっとアップにしないんだよ。見せろよ。おい。オラ。
白虎に犯されてる四○○断少女、ちゃんとテキスト付きで見たかった……。見せろよ……。


平安編については、正直「この馬鹿人間共が!」とイライラし続けてました。もう馬鹿すぎる。
戦闘よりももっと別の事書いて欲しかったなーという気持ちもありますが、平安編最後の出来が究極なので全然満足。
だからこそトゥルーエンドではこの最後の解をきっちりしてほしかったなという気持ちがあります。

まとめ
結局このリメイクってどうなのって言われれば、私は満足できる作品だと思います。久遠の絆と呼べる作品かなと。ただ、物語は締めが重要と言いますか。私的に締めに心残りがあるので、なんとも……。むー難しい……。大きな声で「神作!」とは言えないのが悲しい所。

しかし、その事が決してマイナスに働いてる訳ではないです。ひとつの作品としては一番良い締めだとも思いますし。

締めてしまったものは仕方ない。次はユーザーの欲望を満たすFDしかないな? (チラッチラッ
[ 2011/07/08 00:01 ] Ka_Mizuki | TB(0) | 記事へコメント(1)
white.gif
【向日葵の教会と長い夏休み】応援中!
                                                                               

自分も完全にそのとおりだと思いますね。

確かに前作(コンシューマ版)には及ばない出来ですが、全体的にはよく出来てますよ。

某所の評価とか見ると「前作とは~」とか「前作より~」ばっかりですもんね。

純粋に一つの作品としてみれば充分に楽しめる良作なんですけどね。
[ 2011/07/08 09:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://popyurala.blog116.fc2.com/tb.php/864-7f73ac84












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。