スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事へコメントいただけるとうれしいです♪              

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Fate/zero 小説 感想(二回目)

Fate/Zeroをアニメ化の影響で再読しました。

あんまり同じゲームや小説って、二度もやらないのです。伏線ゲーとかも、「よーし! 伏線を一から確認のために再プレイだ!」とか言っておいて、毎回途中で寝てしまい、その内やめちゃいます。

何故か。展開を知っているからです。「この後こうなるんだろ? あ、はいはいそうだよね」

今回またFate/Zeroを読んで。どうしてだろう。そんな気持ちには1ミリもならないのです。
「はやく続きを読ませろ! 寝てる暇なんかあるか! 次! 次!」


ふと考えてみれば、当然の事だったのだなと。
初めて読む時もまた、同じようにこの物語の最後を知っていた事を思い出しました。ふひ。
記事へコメントいただけるとうれしいです♪              


だから、こいつらかっこよすぎるんだって。
読んでてこの言葉を何回言ったか。もうかっこよすぎ。この王達やべぇ。ランサーやべぇ。

なんで外国にはブシドーに憧れる奴がいるんだ。お前ら騎士道あるだろ。
確か外人でブシドーとか名乗っちゃう奴いましたね。絶対正体コーラサワーだと思ってましたわぁ。



この作品は読み終わった後、一人でそれぞれのキャラクターを思い浮かべてニヤニヤしたり、はあああんってするのもいいですよね。

ソラウ良いですよね。ランサーに恋焦がれちゃう姿、はあああんってなります。やっぱ恋する女性って良いよね。舞弥に腕切断されちゃった時、彼女は何よりもランサーとの繋がりを失う事を恐れました。ランサーの魅惑の黒子の効果なのでしょうが、それでも彼女が感じた最初の恋心である事に変わりなく。やっぱ拷問のシーンみたい。


舞弥はもう大好きです。まーた泣いてしまったし。死ぬシーンまーた泣いてしまったし。でも正直このキャラについてはよく分からないのであーだこーだと言っちゃうと誤読を笑われそうなのであんまり言う事無し。でも、大好き。


雁夜良いですよね。年上の憧れの人であった葵への恋心が。桜を助ける事が直接の理由じゃないって思ってるんですが、合ってますかね? 桜を失った事で悲しみ、涙した葵さんに対する想いが行動原理だと思ってるんですが。でも、せめて彼の気持ちくらい他の誰かに分かって欲しかったです。葵さんは、結局雁夜を間桐家の人間の弟みたいな子ってくらいの気持ちしかなかった。あの言葉はあんまりさね……。毎回思い出して悲しみ悶えます。


アーサー陣営は、唯一幸せな最後だった気がしますが。「王の軍勢」の発動シーンで、その英霊達の声が聞こえるのは私だけじゃないはず。突撃するシーン、きっと誰もがその咆哮を聞くのでは。設定がかっこよすぎるんですよね。死して尚英霊となり、王に尽くす家臣達を召還する~とか。もう。


ランサーはどこまでも騎士であり忠臣であり。王達と別の意味でかっこよすぎです。だからこそ最後が悲しい。彼のその忠臣を信じてくれる主人はいなかった訳で。男の私でもその黒子にときめくのだから、きっとその呪いは相当でしょう。もう少しソラウに姫を重ねる姿とか見たかった気もしますが、きっとそれはその騎士たる姿には不似合いなのでしょう。でも、せめて彼女に微笑んで欲しかったなと思うのはやっぱ恋愛ゲームばっかやってるからか。


キャスター陣営は、趣味的な意味で大好きな訳ですが。アニメではオルガン少女のシーンどうなるんだろ? 勿論声もあるに決まってるよな? 倫理的にカットとかゆるさねぇぞ? きっと同じように少女に萌えちゃった人は、本編に他が無くとも脳内で補完しちゃうでしょう。私もしてます。もう誘拐シーンからばっちりです。いいなあ。


ギルガメッシュは、本編よりもZeroの方が好きです。本編のはなんだろ。やっぱ俗世に穢れ過ぎたのか。エヴァでも見て汚れちゃったのか。王たるその姿も本編では描かれていないためにあんまり好きでなかったのですが。Zeroの彼は違う。その誇りは最古の王としての当然のものでしょう。イスカンダルに対する最後の言葉なんかも、かっこええなあと惚れ惚れしてしまいます。ホロウアタラクシアの彼は……何がしたかったんだろ。


……こんな感じで、毎度想いを巡らせる人達への気持ちは言い尽くした訳ですが。ナタリアさんも大好きです。あまり情報も無い訳ですが、ガンガン妄想して理想の人にしちゃってます。ちょっとしか出てないキャラにすら大きな魅力を持たせるというのは、作者の力量なのでしょう。



読んでる最中の、次の行を読む事すら不安で仕方ないという感覚。次の行で、このキャラクターは死ぬんじゃないだろうか。切嗣に撃ち殺されちゃんじゃないだろうか。いや、実際どうなるかは知っているのですが。読んでる最中は、そんな事頭になく没頭してしまいました。何度読んでも、きっとこの感覚は消えないのでしょう。

本当におもしろかった。最高のかっこよさと、そして最高の読了感。初読の時の虚しさを、それほど感じてないのはなんでだろう? 初めて読んだとき、誤読しすぎたのか。それとも、私の趣味趣向が変わったからか?w




[ 2011/10/16 04:37 ] Ka_Mizuki | TB(0) | 記事へコメント(1)
white.gif
【向日葵の教会と長い夏休み】応援中!
                                                                               

はろはろ^^
記事に関係ないことで申しわけございませぬ><

お久しぶりです
うさぎでございます♪

未だにリンクを繫いでいただいているお礼と
ブログ再開の挨拶に参りました>w</
更新頻度はそんなに上げていけないと思いますが
もしよろしければまたよろしくお願いします
ではでは失礼しましたー♪
[ 2011/10/22 19:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://popyurala.blog116.fc2.com/tb.php/872-51f8828e












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。