スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事へコメントいただけるとうれしいです♪              

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

劇場版 機動戦士ガンダムOO ―A wakening of the Trailblazer― 感想

見たぜ……。今更見たぜ……。本当今更……。

ガンダム00は好きでも嫌いでもなくというか。
嫌いじゃないけど、わざわざ映画見るために行動起こすほどでもないよ! って感じだったのですが。

某掲示板で見たガンダム歴代主人公年齢一覧の画像にて、一人だけ超高齢の主人公を見て。
「え? ちょ。刹那どうなっちゃったの。劇場版でどうなっちゃったの???」となり、サクっと購入。見る見る。

-前半-

面白い。ガンダムである必要性とかまったく感じないけど、面白い。よくある宇宙人ホラー的な。
原作のキャラを元にホラーを作ってみましたよっていく作品の、超本気版。

恐怖に震えながら、差し迫る手に涙を浮かべる少女。そして悲鳴。後日半身が痛々しい金属となった少女が発見される。これだけで劇場版ガンダムOOは神だよ。いや、本当に萌えたよ。こういう女の子が見たいんだよ!(マテ

ミーナ・カーマインちゃんマジビッチで天使。腰振ってる所とか超かわいい。口紅もいい。後でいろいろ妄想しよう。

なんて事は置いておいて、超面白い。一個の作品として面白いぞ、お前!


-後半-

戦闘シーンめちゃくちゃすごいのはわかるけど、めちゃくちゃすぎてよくわからんぞ……。
コーラサワーとのイチャイチャシーン見せろよ……。お前なんでブシドーじゃなかったんだよ……。(まだ言う

ガンダム00のテーマ性がまた出てくる。けど、クアンタまだ? もう映画終わっちゃうよ?

そして、戦闘はより絶望的な状況へと進み、落ちるコーラサワー(やっぱ不死身だった。本当は名前違うけど)
彼もあの人も死に、最後には 刹那「あの男……」 なあの男も死亡。散り際もっと華々しくして欲しかった。

そして、始まる対話。敵の心は誰もが見て予想がつくものだと思いますが、ガンダム00のテーマを示すのにこの設定を使うってのは、ベストだと思います。相手人間じゃないけど、エルスと人間は置換可能かなと。

正直最後は「………おっ……おう?」な感じでしたが、最後の最後で00の究極の締めくくりをしたのかなと。
二期の頃から「三十路なヒロイン……」とか言ってましたが(以下省略)

そんな空気読めないような事でなく、最後の抱擁は純粋に良かったなと思えました。
ちゃんとテーマを貫き、そして完結させてくれたのだと思います。最初に戻るっていいよね。やっぱ。

でも、だからこそ、もっとストーリーとしてのエンターテイメント性が欲しかったかなとか思っちゃいます。
映画だから時間短いですもんね。無理なのだろうか……。でも、もっと魅せてくれてもよかったかなと……。


評価的にはB+でしょうか。あくまで、一個の作品として。
でも、ガンダム00を一期、二期、劇場版とまとめて一個の作品として見るのなら。評価はまた別物になりますよね。




記事へコメントいただけるとうれしいです♪              

[ 2011/11/04 03:25 ] Ka_Mizuki | TB(0) | 記事へコメント(0)
white.gif
【向日葵の教会と長い夏休み】応援中!
                                                                               

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://popyurala.blog116.fc2.com/tb.php/878-0e18b840












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。