スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事へコメントいただけるとうれしいです♪              

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

WHITE ALBUM2 千晶√感想

WHITE ALBUM2

関連記事 ①最終感想 ②小春√感想

DL版で安価に遊べるようになったので是非。
WHITE ALBUM2 DMM独占販売ページ http://www.dmm.co.jp/digital/pcgame/-/detail/=/cid=aquap_0005/


このゲームは、ツイッターのある方があまりにも羨ましい感傷に浸っておられたから買いました。
いや、本気で羨ましかったから買った感じです。そんな感情に浸れるなら!と。ネットの評判とかは、実際「へぇそんなに騒がれてるんだ」程度にしか受け取ってませんでしたし。

いや、すごいゲームです。私のプレイしたゲームでは頂点に良いゲームだと思います。こんなにも普通の恋愛ゲーで、ここまでのシナリオなんて今までに存在したんでしょうか? しないと思うのですが。

という事で、「ホワイトアルバム2」の千晶√の感想、というか初回プレイの感想です。個別√に関する事は少なかったり。ほとんどは、英語で言うとファーストインプレッション的な感想です。





記事へコメントいただけるとうれしいです♪              


私は普通の恋愛ゲーなんかもう買う事なんか無いだろうなと思ってました。某有名メーカー、そしてそこに所属している、シナリオハウツー本に「泣かせスイッチ」なんて言葉を使っちゃう某ライターが大嫌いなのですが。いや、嫌っていて良かったとおもいます。

このホワイトアルバム2は、もちろん盛り上がるシーンではその最高の演出とシナリオでプレイヤーへ訴えかけてくれますが、それはそのkeyのライターの言う泣かせスイッチ、なんて物では無かったと思います。決してプレイヤーに媚びてなんかきていなくて、ゲームはゲームで自己完結しちゃってる感覚を受けました。私は主人公に感情移入もしたし、時には「ひでぇ主人公だな」とツッコミを入れたりもしました。

けれども、どれも、常に画面を食い入るように見ながらの事です。

そこそこの量のエロゲ・ギャルゲをしましたし、普通の恋愛ゲーなんて王道()とか語るから大体の展開も読めるし、そんなのに1万円払うとか馬鹿らしい、なんて思ってました。そこまで変に飽きた私でも、プレイ中はなんだか、初めてメモオフやらときメモに触れた時のような、没入感や感傷に浸ることができました。


序章は本当に有料体験版だったなぁと思うのですが、それでも、一度も読むのを飽きてエンター連打なんて事もなく、一字一句全て読み通すまでにいたる事ができました。

それも全てライターの技と、演出の良さ、何よりもシナリオの良さだと思います。

その序章ですが、ヒロイン二人にはプレイヤーが離れない程度の最低限の魅力を持たせたまま、実は序章ではその人間性の表面部分しか見せていないなと後編をやった時感じました。

確かに序章単品を先に買った人には、微妙ゲーなになるかもしれないですね。そのまま直に後編ができてよかったです。もちろん、序章単品を買った人は私なんかの20倍とかこの作品を味わってるでしょうし、まだ私が見えてない部分まで咀嚼しつくしているのでしょうが。羨ましい。


まだ全部がそうなのかは分かりませんが、この一周目二周目で展開を変えるシナリオ展開。私の一番嫌いなゲームもその形式を取っていて、その時はキレて全員攻略後現れるという最終エンドすら見ずに投げたのですが。

このゲームは、全く不満に思わず。全く疑いを持たず、二周目を始めていました。その違いは内容的な違いもあったと思いますし、よく分からないのですが。実際やって納得しました。一周目と二周目が全く違ったのですから。

エンドだけが変わる、なんてそんな安っぽいものでなく。そんな生易しいものでなく。

物語はプレイヤーの心を抉る展開へと変わり、文字通り一週目の応えを返してきます。
ただ真相を挿入するのではなく。展開もまたその挿入によって変化し、本当のエンディングへと進んでいく。
その展開の濃さ、登場人物の濃さをひたすらに見せられて観念しないプレイヤーなんていません。

一度は「これはトラウマになる話だw」なんて思いましたが、まさかここまでの話を見せられるなんて。
本当に疑わしいのですが、コレ本当に5人分の全く違う√が用意されてるんですよね?


演劇の、最後のシーン。千晶は胸に手を当てての告白。それこそがサインなのだと、すぐに気がつき、鳥肌が立ちました。ギリギリ私も忘れてなかった、あの約束のポーズ。

次は編集チーフの√をやってみようかと思いますー。
[ 2012/02/28 21:41 ] Ka_Mizuki | TB(0) | 記事へコメント(0)
white.gif
【向日葵の教会と長い夏休み】応援中!
                                                                               

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://popyurala.blog116.fc2.com/tb.php/903-f7f32c9d












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。