スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事へコメントいただけるとうれしいです♪              

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「すんドめ」 感想

最近好きになった漫画「いびつ」の作者の前作なのですが、似たような漫画と聞いて購入しました。
全8巻で割りとすぐ読める長さなので、ネタバレ書かず全体の雰囲気として感想を書こうと思います。

この作者、知ってる人は知ってる人らしく、この漫画も2009年とかに終わってる作品なので本当に今更感があるのですが。一気に全巻ガガガっと読みました。いや、面白かったです。

「いびつ」はそもそも完結してない作品ですが。「すんドめ」は「いびつ」とは方向性やテーマがまた別のものように感じました。まぁ、基本どっちも変態フェチ漫画なのですが^^;

基本はオカルト部での部員同士での活動が全体としてあって、その中で主人公とヒロインが恋愛とはまた違う関係というか何やらを築いていくのですが。この漫画の雰囲気を表すのなら、変態というよりアブノーマルがニュアンスとして合ってるような気がします。変態は少し下品なイメージ? しりませんが。

やっぱりこの漫画のメインといえば、直接的ではないにしろ雰囲気から伝わるエロさとかアブノーマルさでしょう。絵がすごく上手い訳でもないのですが、台詞、表情ひとつひとつに良い雰囲気が込めてあります。

別に媚びを売るようなエロ展開がある訳でもなく、どちらかというと毒みたいな漫画ですが。
気に入らない部分、納得できない部分、そんな所を取りあえず置いて良い部分だけ見れるっていうのは、漫画の安さだとか紙媒体である事の強みなのでしょうか。取りあえず、良い余韻に浸かる事ができるなと思います。

名作と呼べる訳でもありませんが、秀でている部分が魅力的な漫画としてオススメですね。
「いびつ」の方はひたすらアンダーな話なので、個人的にはオススメですが。連載中なので。

すんドめ 1 (ヤングチャンピオンコミックス)いびつ 1 (ヤングチャンピオンコミックス)
記事へコメントいただけるとうれしいです♪              

[ 2012/04/10 22:47 ] Ka_Mizuki | TB(0) | 記事へコメント(0)
white.gif
【向日葵の教会と長い夏休み】応援中!
                                                                               

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://popyurala.blog116.fc2.com/tb.php/922-e15505d5












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。